家庭用脱毛器を選ぶ条件は?なにを基準にすれば良い?

家庭用脱毛器と脱毛エステサロンとで迷った時にはどのようなことを判断基準にすれば良いのか迷ってしまうと思います。
とてもシンプルに考えれば、エステで脱毛したければエステサロン、自宅で脱毛したいなら家庭用脱毛器です。

脱毛効果、使い勝手、安全性にコストパフォーマンスなど見るべきポイントが様々あります。
口コミ、人気だけで選ぶというのはあまりおすすめしません。

エステと家庭用を比較するポイント

家庭用脱毛器として人気のものは、ケノンです。

脱毛エステのミュゼと同じフラッシュ脱毛を行うことができる家庭用脱毛器になります。
本体価格は7万円から8万円前後です。

カートリッジさえ交換していれば、ほぼ半永久的に使用することができます。
カートリッジの持ちもとても良く、エステとほとんど変わらない仕上がりになります。

仕事で毎日多忙でサロンに通うようなことはできない、というのであれば、エステよりも家庭用脱毛器の方がおすすめです。
エステでは、事前に予約を取らなければなりませんし、急な予定が入ってサロンにいけなくなったとなるともう一度予約を取り直す必要があります。
店舗まで脚を運ばなければならないというのは、なかなか大変なことです。

その点、家庭用脱毛器なら毎日仕事で仮に忙しくてもスキマ時間を活用してムダ毛ケアをすることができます。

産毛には脱毛サロンがおすすめ?

産毛まで徹底的に脱毛したいのであれば脱毛エステがおすすめです。

産毛までキレイに脱毛する場合には、家庭用脱毛器では力不足です。
エステと家庭用脱毛器は、フラッシュ脱毛で脱毛をするという点においては同じですが、出力が高い脱毛エステの方が産毛に対する脱毛効果は高くなります。

フラッシュ脱毛は、黒色に反応している特殊な光を照射し、毛を生み出す毛母細胞を破壊します。
産毛の色素というのはとても薄いですので、脱毛効果を得るうえではもともと時間がかかってしまいます。

そして、産毛は出力が高ければ高いほど効果を発揮しますが、家庭用脱毛器では安全に使用できるように出力があまり高くなりすぎないように作られています。
そのため、産毛の脱毛はあまり得意ではないのです。

産毛まで根こそぎ脱毛したいのであれば、クリニックのレーザー脱毛も検討してみてください。
エステでも脱毛は可能ですが、時間がかかります。
その点、クリニックのレーザー脱毛であれば出力が非常に強いですので、産毛のように細くやわらかくても、しっかりと効果を実感できます。

産毛まで完璧に脱毛したいのであれば、脱毛クリニックも選択肢に入れて検討するようにしてください。

コメント