家庭用脱毛器を利用する時の注意点

家庭用脱毛器を利用する時にはどのような注意点があるのでしょうか。
家庭用脱毛器を利用する時に押さえておきたい注意点についてご紹介します。

説明書をまずはじっくりと読む

脱毛器を利用する前には説明書の内容を必ず確認しておいてください。
脱毛器は家庭用に作られているもので、18歳以上であれば一人で使用できます。
18歳以下でも親と一緒であれば使用できるように作られているものです。

ただし、脱毛できない部分、脱毛器を利用するうえで注意しなければならないポイントがありますので、事前にしっかりと説明書を確認しておくようにしましょう。

脱毛器では誤った方法によって脱毛してしまっても、保障のないケースがとても多いです。
脱毛で火傷をしたり、怪我をしてしまわないように、基本的な事項を必ず読んでおきましょう。

肌トラブルを防止するためにも説明書の熟読は必須です。

脱毛前に日焼けしないこと

脱毛前に日焼けをしてしまうと脱毛できないので注意してください。
脱毛は黒い色素に反応するので熱を発生させ、毛根を焼き切ることで脱毛します。
ただ、日焼けをしてしまうと肌の黒さにも脱毛器が反応するので、お肌まで火傷のダメージを与えてしまうことがあります。

そのため、脱毛をするときに日焼けをすると脱毛を延期しなければなりません。
目標にしている脱毛スケジュールも狂ってしまいます。
そういったことからも、脱毛期間中には日焼けをできるだけ控えるようにしてください。

脱毛する前後のケアは?

脱毛する前後にはお肌を冷やします。
脱毛する前後は肌を冷やすということを絶対に忘れないようにしてください。
脱毛前後に肌を冷やす効果はというのは、脱毛前は脱毛による痛みを緩和します。
脱毛後には脱毛によって発生している熱、ダメージを抑えます。

このような効果がありますので、脱毛前後にはお肌を冷やすようにしてください。
脱毛後にお肌を冷やすことで様々なお肌トラブルを予防するうえでも重要なポイントになります。

脱毛はサングラスをかけて

脱毛器の脱毛においてはサングラスをかけて脱毛しましょう。
脱毛器のフラッシュは数回見るくらいであればそこまで大きな問題はありません。
しかし、脱毛器は数十回と繰り返しますので、フラッシュを見ていると目が疲れてしまいますし、目に負担がかかるのでサングラスをつけて脱毛するようにしてください。

脱毛サロンでも医療クリニックでもサングラスをします。
施術者もサングラスをかけて脱毛しますので、脱毛器によって自分で脱毛をする時にも忘れないように注意してください。

脱毛後の保湿の重要性

脱毛後には肌の保湿は十分に行ってください。
しっかりと行いましょう。

脱毛は思っているよりもお肌にダメージを与え、お肌のバリア機能が落ちて乾燥しやすくなってしまいます。
そのため、お肌のバリア機能を回復させると同時に、お肌の乾燥を防ぐためにも脱毛の後の保湿はいつもよりもしっかりと行うようにしてください。

コメント